2017年9月13日の配信後記(1枠目)

13日の18時。先ほど配信終了いたしました。
"こんにちは"と"こんばんは"の狭間の時間、
配信をご視聴くださってどうもありがとうございます。


2枠配信の1枠目、張り切ってました。

≪配信内容≫
挨拶確認から始めよう。
大丈夫かだいどーぶかの確認をとる。
3手詰めの詰め将棋配信に挑戦!
【受付メールアドレスの呼び込み定型文】
自分でメールを送ったものを読む。(自作自演コーナー)
好きな動物の話(鳥)⇒焼き鳥の味⇒食べ方のこだわりの話。
リスナーさんの名前を私が誤って呼んでいた話⇒文字が見えずらいというshowroomへの八つ当たり⇒壇上順位決定がギフトのみによる現象について

≪良かった点≫
前日の鼻炎不調を追い払うことができた、と思う。(苦情がなかったのでそう思い込みます。)
来場者さんから何かしらコメントが来るまで挨拶することができた。
3手の詰め将棋配信ができ、準備が実ったのでよかった。
チェスに関する配信をしてみようかな、と興味を持った。
イベント参加されているリスナーさんを宣伝できた。
自作自演メールコーナー、メールの投稿を例示することができたのはよかった。
「好きな動物は何ですか?」から話がドライブしていきとても心地よかった。
半濁音だと誤解していたが濁音だとわかったこと。

≪悪かった点≫
支援ゲージを外すためだけに配信を数十秒終了中断したのはよくなかったかも?
よその配信ルームでのノリをそっくりそのまま拝借したのは、
第三者がいなかったとしてもやらない方がよかったのかも?
リスナーの皆さんに詰め将棋を解いてもらうって難しいことを要求していたなと認識できた。(要再考)
自作自演メールコーナー、このままでは今後メールが来ないような気がする。何か対策をとらねば。
名前を誤読していたことに気が付かなかったこと。注意不足だった。

≪総括≫
焼き鳥で塩を食べるって食通みたいでカッコいい。
用心するに越したことはない、ということ。
カウント枠要らずの配信で楽しめている現在。
おおむね良い配信だったと思う。

配信を視聴してくださった97名の皆様、どうもありがとうございました。
≪配信内容≫の箇条書き一つ一つに良かった点と悪かった点を書いているが、
就活でよく見かける「私の長所は明るいところ、短所はうるさいところ」みたいで何か嫌だ。
(だが別の方法を思いつかないから今後もこの様式美は継続されるのであった。)
そして2枠目の配信後記に続く。
平成29年9月14日 スピリッツ