読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読み始めました

目次

著書「プログラミングでメシが食えるか!?」

前回 Javaについて 少し書きました。
かくいう ぼくは 別の本を読んでいました。
プログラミングについて。
こちらです。

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術

平成18年に 書かれた本です。
ずいぶんと 昔ですね。

IT業界も ご多分にもれず 日進月歩。
たえず 進化しているから
10年前に 出版された本が
はたして 現在 役に立つのか。

その本を読んで 新しくおぼえたこと。

  • C言語C++言語→Java」と発展してきた。
  • Javaは 比較的 最近できた コンピュータ言語である。
  • Javaは 海外でも 学ばれはじめた。
  • やがて ソフト開発は 低予算で済む 海外に外注される。
  • あなただけができる何か をもつことが大切。

今 思い出せるのは これぐらいです。
なにせ ぼくは 遅読でして。
他の内容は 忘れました。

著書「やさしいJava 第6版」

さて 今から
あの Javaの本を 読みはじめます。

開きました。
全560ページ。
16セクション。
どっひゃ~。

「とにかく 表紙を開いてみよう」
そんな精神で 一歩を 今踏み出したのですが
最終目標を確認して ゲンナリ。
もちろん 本の厚さを見て
大事業になろうことは わかっていたはずです。
しかし 「560」という数字を じっさい目にすると
たちまち 意気消沈 してしまうものですね。

読み終える だけでも 時間がかかるだろうに
それを覚え そして理解する となると
もっと時間を 費やすことになりそうです。
そう思わずには いられません。

ただでさえ 「ソフィーの世界*1だって
読み終えたことが ないのに。
愚痴ばかりの 日記になってしまいましたね。笑

ソフィーの世界

ソフィーの世界

意気込み

Javaの本 めげずに読みます。
頑張ります!

スピリッツ

*1:哲学の入門書的小説。分厚い。