読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンツとズボンにおける問題。

とても感覚的話題なんだけど、重ね履きについて告白する。
学生時代のジャージを部屋着として使っていて思い出したことだ。
短パンを履き、その上に長ズボンを履く。重ね履き。
これをするとなぜか助兵衛な感覚が芽生える。
「短パンを履く」「長ズボンを履く」
独立させればどちらの場合も何ら感じないのだが、
「短パンを下に履き、その上に長ズボンを履く」と、おかしな気持ちになる。
ものすごくいけないことをしているようで。
どうにも表現がみつからないのだが、とにかく変な気持ちになる。

ヘンテコなブログ記事となったな。笑
だが日記を他人に披露する行為がそもそも狂ってるんだ。今に始まったことじゃない。いいじゃないか。

もしこの感覚で私が女子中学生だったらスカートに短パン(体育のハーフパンツ)で平穏な生活は難しかったかもしれない。命拾いした。
ちなみにロングTシャツ・Tシャツではこういった感覚が生まれないのであしからず。
そういえば「ロングTシャツを着て上にTシャツを着るダウンタウン浜田雅功スタイル」を初めて試したときはものすごく恥ずかしかったな。

したり顔語る ミライだよ分かる?

口内炎がなかなか治らない。睡眠時間は充分とったというのに。栄養不足が原因か?

今回の口内炎はできた場所が舌の裏側。ここにできたのは覚えている限りで初めて。食事では味を感じなく、しゃべる時は痛みがむごい。だから一音一音置きにいった発語での生活。

根本的問題として原因はあまりしゃべらない生活かも。この筆舌に尽くしがたい*1生活の実態を知った人は誰でも舌を吐く*2はず。
舌に口内炎ができたことで自覚したことのいくつか。
・「か行」の発音が下手。
・「かきくけこ」より「賀来賢人(かくけんと)」の方が苦手。
・だが「賀来千香子(かくちかこ)」は得意。
・「ききょう」については救いようがない。

とにもかくにも舌裏の炎症が治ることを祈るばかり。休養を確保せねば……
舌の根も乾かぬうち*3に夜更かしするんだろうな。

*1:[意味]言葉では到底表現しきれないほどの、ものすごいありさま。

*2:[意味]非常にあきれる

*3:[意味]言い終えてすぐに。 〔前言に反する発言を非難するときに用いる〕

出会いと別れ

「出会いと別れ」この言葉の使用を控えている。*1
この言葉を使う彼らは、どんな思考に基づいて「出会いと別れ」を使っているのだろう。*2

出会いと別れの共通点を考えてみた。
「時期が春」「一時的に心への負荷(ストレス)が生じる」「普遍性がある」「一度だけ」
そのものズバリな共通点が思いつかない。*3
他人の本心は当人にしかわからないから考えるだけ無駄。*4

出会いも別れも一度きり。
出会いの瞬間は認識ができる、それは大抵初めましての瞬間。
僕にはやり直したい出会いがいくつもある。
当時を懐かしんで(もっと懸命に生活していれば)なんて考えたりもする。
満足いく出会い方が一つもなかった。*5
漫然と呼吸するだけの日々、死んだ人生を生きてきた。
現状の自分に引け目や落ち度を感じていて、まだ訪れぬ出会いに怯えている。

別れの瞬間は認識できない。
別れは何者かによって知らされ(あれが最期の別れになったのか)と独りつぶやくようなもの。
なんとなく「じゃあね」とバイバイしたのが最後、なんてよくある別れの話。
別れで悔やみたくないなら日頃からしゃんとすればいい。*6
そういうことを理解してる人は一期一会を大切にしてるんだろうな。
幸い僕はまだ後悔するような別れに直面していない。

この怠惰な生活が続けば僕の出会いは後悔が増える一方。
だが出会いも別れも心構えの準備はできる。
僕がすべきは現在を翻然と悔い改めること。

*1:"と"の用法が判然としないから。

*2:「出会いと別れの季節」なら意味がわかるけど「出会いと別れ」単独で見ることがあったもので。

*3:僕の想像力が未熟だから?

*4:考えることその行為その姿勢に意味があってほしい。

*5:そもそも完璧な出会いが存在するかも疑問だが。

*6:それが非常に困難なのだが。