2018年3月2日の配信後記

3月2日(金)の配信終了。
www.showroom-live.com
配信開始が22時というレイトショー的な時間帯。11手詰めに挑戦。身の丈に合ってない難易度。種と星(無料ギフト)を集めながら詰将棋をした。

なんたる愚行!

メインがギフト集めで、詰将棋配信はついでみたいになってしまった。
「SR配信(来場者さんとコミュニケーションをとる)」+「詰将棋に挑戦(11手詰め)」を満足にできていなかった。それなのにギフト集めを始めたことが間違っていたのだ。5手詰めが解けるか否かの実力のくせしていっちょまえに11手詰め問題に挑戦していたのもよくなかったと反省。SR配信に対して、将棋に対して誠実に向き合う必要性を感じざるを得なかった。

少し話がそれるけれど、SR界における「私スピリッツ=詰将棋配信者・将棋好きな人」という印象が浸透してきた気がする。(気のせいだ、アホウ)

佐藤天彦名人の挑戦者を決める第76期順位戦A級最終局が3月2日(金)に静岡県静岡市浮月楼」で一斉に行われました。』(日本将棋連盟ホームページより)
www.shogi.or.jp


本日3月2日(金)は「名人戦挑戦権を与えられる1位が決まる、順位戦終結果が決まる大切な日」だったようです。結果は、6名の棋士達が6勝4敗で同率1位となり、プレーオフに持ち越されましたようです。

自分の配信でこの話をすればよかったのに、状況を把握しないまま話し始めたからふわふわしてしまった。誤った情報を提供してしまった。理解していないことを話したのは失敗だった。失敗だった。

第76期A級順位戦で、5対局が3月2日に行われました。3敗で並んでいた久保利明王将、豊島将之八段がともに敗れたため、『名人挑戦は6勝4敗の稲葉陽八段、羽生善治竜王広瀬章人八段、佐藤康光九段、久保利明王将、豊島将之八段』の6名でのプレーオフに持ち越されました。(日本将棋連盟ホームページより)
www.shogi.or.jp
www.youtube.com


ちなみに私の配信、11手詰めはズタボロ。
初手(3四銀)さえ見えなかった。
まいりました。

f:id:flow-of-spirits:20180303052129j:plain

1四へ玉を逃がさぬ工夫(2枚捨ててから・・・)

出題はこちらから

羽生流で上達! 新しい詰将棋初段150題

羽生流で上達! 新しい詰将棋初段150題


私のレターポットアカウントはこちらです。将棋がんばれレター待ってます♪
letterpot.otogimachi.jp


最後まで読んでいただきありがとうございました。
平成30年3月2日 スピリッツ

2018年3月1日の配信後記

www.showroom-live.com
久しぶりにSR配信(ショールーム配信)をした。前回配信が2月18日(日)だからおよそ2週間ぶりになるのか。
配信のやり方を思い出せず、ぎこちない配信になってしまった、そんな気がする。
この2週間は主にSRリスナー活動、時々読書といった感じ。
イベント参加者の応援ばかりしていた。この応援活動、私自身には何の意味があるのかと問われたら答えはわからないけど。笑
読書に関しては『陰翳礼賛・文章読本』(谷崎潤一郎)を読んでいた。

陰翳礼讃・文章読本 (新潮文庫)

陰翳礼讃・文章読本 (新潮文庫)

前々回のブログで紹介した『将棋世界』2月号・3月号や『デミアン』(ヘルマン・ヘッセ)『行人』(夏目漱石)は読みかけてほったらかしなのに。この本は5分でも時間ができたら読んでいる。向き不向きがあって、私にはこの本が相性いいんだろうなって改めて感じた。
詰将棋150問初段』や『お金2.0』に寄り道しながら、という事実も併せて申告しておきます。念のために。

ここからは3月1日(木)のSR配信の話。
昼12時より開始。配信の勘を取り戻すことを目的とした詰将棋配信だった。
オープニングミュージックにRCサクセションの「よォーこそ」をうっすらと。
「何かすごいものをこれから披露しますよ」といった雰囲気があってとても好きな曲。
www.youtube.com

名曲集

名曲集


5手詰めの詰将棋。最初の2問はスムーズに解けたが、最後の1問だけはそういかなかった。
ヒントを見たが抽象的で役立てることができず、数分考え直したのちに降参。悔しさもさらに倍である。
詰将棋を解いている時に、映画『時計仕掛けのオレンジ』の挿入曲「Overture to the
Sun」を軽くBGMに。
知らない森に迷い込んでしまい、変なモンスターに出会っておかしなクイズを出されている、そんな雰囲気があって好き。(共感してもらえると嬉しい)
www.youtube.com

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

時計じかけのオレンジ [DVD]

時計じかけのオレンジ [DVD]

時計じかけのオレンジ オリジナル・サウンドトラック

時計じかけのオレンジ オリジナル・サウンドトラック


初見さんに私の配信(5手詰め)を見てもらい、それに関連して将棋談義を交わせたことは嬉し楽しの体験だった。「ルームフォローしました」という言葉ももらえた。「初見です」のコメントをもらってからルームフォローにまでこぎつけた(こぎつけたって下品な表現。笑)のは、覚えている限りでは初めての体験かも。(単に私がど忘れしているだけという可能性、無きにしもあらずだな。)

あと、「モーニング娘。'18では誰を一番応援してるの?」と聞かれてもすぐに答えられないくらいに、私はDD(だれでも大好きな どうしようもないヤツ)です。

【補足】イベント参加の是非について。
「今後どんなイベントが予定されているか」を私が知ることから始まるんだろうなって思ってる。「優勝賞品:何がしかへの出演」のイベントなんて考えたこともないし、そもそも30日イベントで50万ポイント達成をしたことさえない。
そんな理由からイベント参加へのモチベーションをどう持てばいいのか正直わかっていない。イベントに参加したほうが配信でのカウントやギフティング(無料・有料にかかわらず)は増えるから「フォロワーを増やすこと」をモチベーションにすればいいんだろうけど。
自分の中で納得できなくてイベント参加ができていないから何か釈然としない理由があるんだろうな?(自問自答中)


SR配信本日2回目の話。夕方18時より配信開始。
今回は詰将棋配信をちょっと抑え目にするという試み。「会話のみ」でどれだけ場を持たすことができるかの挑戦。
(現実を言うと「会話だけで1時間配信してみる」という目標を立てて30分で心が折れた、ってだけの話です笑)
5分ほど経過したらついさっき仲良くなった配信者さんがリスナーとして来てくれた。そのおかげで30分まで場を持たすことができたんじゃないかって思ってます。ありがとです。
「リスナーさんはお前の配信に心から満足していたか?」と問われたらもちろん自信はない!

そこで話したこと2つを少しだけ紹介と説明。
●SR配信開始予告の話。
[配信管理]の[ライブ予定管理]でできる機能について。
SRでは、ツイッターやファンルーム・プロフィール画面に当日の配信予定(タイムスケジュール)を掲載するのが主流である。
初めから搭載されている[ライブ予定管理機能]を使っている配信者は少数派。この機能を使えば[タイムテーブルページ]の配信予定一覧にリストアップされる。
リスナーの立場としては、その[タイムテーブルページ]を開けば自分がフォローしている配信者の配信予定が何時からか、他の配信と被っていないかを一目でわかるようになる。またその[タイムテーブルページ]からフォローしている配信中の配信を見に行くことも簡単にできるのですよ、本当に。
私は[タイムテーブルページ]から配信閲覧に行く一人なのだが、他の方たちは違うのでしょうかね?
だから他の配信者の皆さんにも、この[ライブ予定管理]の時間設定をして欲しい。
ツイッターやファンルーム、プロフィール画面における配信時刻予約設定も素晴らしいから併せてやってもらえると嬉しいな、という話でした。

ツイッターのいいねの話。
最近はツイートをすると「いいね!」が付くようになった、嬉しいことである。
どのような人がいいねをくれたのか確認しに行くと、その全部がスパムアカウントで残念な気持ちになる。ぬか喜びでショックもひとしお。
ツイートするごとに悲しみが強まる、そんなツイッターライフを送ってます、という話。

開始から30分が経過して、詰将棋配信に移行した。
7手詰めに挑戦。1問解くのに20分かかったけど、かろうじて解くことができた。なんと珍しい出来事なんだろう。嬉しくてニンマリ!

配信していると、何かしら考えることが出てくる。恰好つけて「考える」と言ってみたけど、実際はそれほど大層なことではなくて、迷ったり悩んだりの方が多いんですよね。笑
詰将棋生配信ではなくYoutubeに動画として掲載して、SR配信ではリスナーさんとのコミュニケーションをメインにした方が理想なのでは?
とか。そんなことを思・・・悩みながらSR詰将棋配信を続けていきます、これからも。

私のレターポットアカウントです。「SR配信がんばれ」とか「いいね!」とかレター待ってます。
letterpot.otogimachi.jp


最後まで読んでいただきありがとうございました。
平成30年3月2日 スピリッツ

久しぶりのSHOWROOM詰将棋・配信後記と、SHOWROOMでの例えばの話。

本日2月18日(日)は15時から17時までの2時間、ほぼ詰将棋配信を行いました。
www.showroom-live.com
普段お世話になっている日本将棋連盟の[まいにち詰将棋]のページがうまく表示されなかったため、先日購入した詰将棋の本から問題を引用しました。

羽生流で上達! 新しい詰将棋初段150題

羽生流で上達! 新しい詰将棋初段150題

その問題集は7手詰めに関しては全て解いてしまっており、9手詰め以上の問題しか残ってなかったからそれをやりました。9手詰め配信は、私からしたら多少の挑戦味が強かった。1問につきほぼ1時間考えたけど解けなかった。挑戦した数、わずか2問。笑
精進します。
解けてもいないのに誘惑に負けて答えを見てしまう自分が情けなくて仕方ないです。m(__)m


そしてSHOWROOMにおける今後の私の配信についてです。
イベント参加・不参加問題においては、現在なかなか考えられる状況にありません。というのも、片付けねばならないいくつかの宿題が依然として山積みであります。(詳しい宿題については下記"前回ブログ"をご覧あれ)
flow-of-spirits.hatenablog.jp
SHOWROOM通常配信は引き続き、気休め程度ではありますが続けていきます。何も問題がない限りは。( ͡° ͜ʖ ͡° )にや


これだけでブログを終えるのも少し寂しい気持ちになったので、SHOWROOMに関して思ったことを1つ書いて本日のブログを終了とします。
例えばの話です。
SHOWROOMでは、時々通信の問題だとか、配信者やリスナー自身の問題だとか、配信開始直後の数分間だとか、何らかの異常により音声が聞こえない状況に遭遇します。どの配信ルームでも大抵が即座に原因究明され、速やかにその対処が行われるため大問題には至っておりません。
例えばの話です。
リスナーAさんは何らかの問題が発生して音が聞こえない状態になっていて、リスナーBさんやリスナーCさんには普通通り音声が聞こえている状態。
そういった時に配信者さんが「音が聞こえてないのは私のせいではないんですね。よかった♪」と発言する状況をよく見かけます。
その配信者さんの最後の発言「よかった♪」が私は非常に気になって仕方がないのです。
というのも「リスナーAさんにだけ音声が聞こえてなくて、他のBさんCさんには音声が聞こえている状況」が分かっただけで、つまり「原因は、配信者さん以外のところにある」ということが分かっただけです。
リスナーAさんからしてみれば根本的な問題の解決にはなっておらず、依然としてリスナーAさんは配信を楽しめていないままなのであります。
配信者さんの「原因は私じゃなくてよかった~♪」という、ある種他人事な、零れ落ちた本音のように感じらてしまい、非常に残念です。
(配信者さんの「よかった~♪」という発言はリスナーAさんの耳に入ることはないからいいのかもしれません。この音声トラブルはSHOWROOMだと頻発するので、リスナーAさんがBさんCさんの立場になることもあるからその時に分かるか!とも思ってます。どないやねん。)

そういう状況において私の理想的行動は、配信者さんがテロップ機能や筆談などでリスナーAさんに助言をしたり、他のリスナーBさんやCさんがコメントで何か解決方法を提案してみたりとかです。
いわゆる「あたたかい配信ルーム」というのはそういうことではないのかな、なんて思ってます。(若い子らにこれを要求するのは鬼でしたかね?いかがでしょうか。)
ハプニングとかアクシデントとか、予期せぬ時にその人の人間性とか本性とかが見えてくるような気がします。
※なんか「例えばの話」と前置きしたのですが、非常に具体的な話になってしまいました。そして多少批判的になってしまいました。

今回はさらっと配信の反省で終えるつもりでしたが思いがけず長文ブログになりました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
平成30年2月18日 スピリッツ

最後に私のレターポットアカウントと、noteで時々連載してるレターポットブログを。
letterpot.otogimachi.jp
note.mu

意味が通じるように文章を訂正しました。(平成30年2月21日)